錯誤

「死ぬべき」と感じているアナタへ。
「生きるべきヒト」って、どんなヒトだろうね?

生に固執するのは、つまるところ、最高の人生!を謳歌している!!ってことよね?
最低の人生って、なんだろう?

そもそも、最高と最低と言うからには、上限と下限があるのか。
それって、殻なんじゃ…?

生きたい人だけ生きて。
往きたい人だけ往って。
…なんだか、とっても荒んだ世界になるような気がしません?

大人に熟れない者は、子供にも還れない。そんな気がしますの。

やる“べき”ことって、本当は、あるのかな?

やらないこと イコール 逃げ・・・ではないわよ。
やること イコール 攻め・・・でもないけれども。

ガツガツ より ほどほど。
ほどほど より ぼちぼち。

足るを知ることと、足らないを知らないことと。
罪なのは、どちらだろう?

満足とか、満腹ってのは、それ以上が無いってことよね?
人の欲望に際限なんて、あるのか知らん?

熱い感情を冷ますのは、時、だろうか?
冷たい心を燃やすのは、情、だろうか?

右手に希望。
左手に思い出。
さて。
大切な何かを掴もうとした時、どちらを手離すのかな?

失“望”って、さ。
どちらかと言えば、失“願”じゃないのかな?
望むより、願う。そんな気がしますの。


~~10月15日の呟きより

コメント

非公開コメント