未来に何を期待する?

どんなにか計画を綿密に立て、リスクも大きく盛り込み、シミュレーションを重ねたところで、現実はいとも容易く予想を裏切る。

転げ落ちるのと、舞い上がるのは、どちらが多いのだろうね?

運不運なんて、何処に平等があるんだい?

人生街道というけれど、平坦な道は無く。
荒野に例える人も居るけれど、その荒野にだって、落とし穴はある。

軽い理想と、重い現実と。

十年前の自分に会えたら何と言うか?何も言わないか?
過去に戻りたい訳じゃない。
あんな面倒をもう一度だ!なんて、冗談にもなりゃしない。

今日の延長上に明日があるって?
今日は今日さ。明日は明日さ。
同じ日なんて、ありゃしないのだから。

妄想と理想の差なんて、案外と紙一重じゃないの?


~~8月28日の呟きより

コメント

非公開コメント