さくら。さくら。さくら。さくら、ん?

「あした、が楽しみ」って、いつの頃までだったかな?
「きょう、が重荷」って、いつの頃からだったかな?

なんかさ。
人生という名の桜。咲く前から散っている気がするのよ。
頓服、効かないな…。

鬱だって笑うし、躁だって泣くし。
生きるのが嫌になっていたって、死ぬるのが最高!とは思わないだろうし。
淹れたての珈琲は美味いし、時間の余韻を残す写真は上手いし。
人の感情ほど、流転するものはなし。

身体が身体を蝕むのが癌ならば、精神が精神を蝕むのが鬱なのだろう。
物理的な痛みと、精神的な痛みと。
比較出来るものじゃないよね?対象が違うのだから。

運命や命運があるのかないのか分からんが、一々、そんなものに振り回されたくない!
…と思うくらいには、振り回されている気がする。
情け無い…。


~~3月29日の呟きより

コメント

非公開コメント