某・房・棒

熱く溶けかかったアイスを、ボクはキミの唇に塗りたくる。
ねっとり絡む純度の乳分、キミはちゅるんと舐めまわし、溶けるソレを口に含み舌で転がす。
熱い風が二人を包み、汗は纏わり、キミはアイスを求め、指に絡む舐める舌、高揚する微笑み。キミの至福、溶ろけるアイス、絡む唇。乳分。指先。舌。


~~8月30日の呟きより

コメント

非公開コメント

トラックバック