6月29日の呟き

おはようございます。
今朝も曇天、この後は雨の予報が出ている静岡です。
今日から週明けまで講習はお休み。その間、溜まっていた録画とCADの練習をしてみようと目論んでいるのですが、さてどうなることやら?
そんなこんなで、今日も一日ぼちぼちです。

幸せは、“なる”ものなのか、“感じる”ものなのか?

さて、録画を消化しますかね~。

「やるきスイッチは何処?」と子どもに尋ねているが、そもそも自分のやる気スイッチは何処なのだろう?

動き出してしまえば惰性で動き続けられるものを、最初の一歩が踏み出せないのは、そこに一番“力”が必要だからか?

今日は一日ゆっくり。
そして今は、梅昆布茶。旨し。

不意にね。不意に、子供の頃住んでいた街の風景を思い出すのさ。重油に塗れた金属の削る臭いとか、汚れ切った川に浮かぶ洗剤の虹色とか、遠くで聞こえるディーゼル気動車の気高しい音とか…。
経済成長と言う名の波に飲まれ、そして波は去って行き、今は別の世代が街を覆っている。記憶の中に在る街。

消せない記憶を棄てるには、どうすればいいのさ?

幾ら思い出を積み重ねたところで、薄れないものは薄れない。
記憶と言う名の呪縛。

今宵も曇天。
月は今頃、何処にいるのかな?
月齢は5.0。雲間から見えてもよさそう。

カミサン以外の女性を好きでいる事は、背徳だろうか?
好きと言う感情に歯止めをかけるのは、かなり難しいのだが…。
そもそも婚姻したら、誰かを好きになっちゃいけない?


~~6月29日の呟きより

コメント

非公開コメント

トラックバック