12月30日の呟き

おはようございます、かな?
昨日から、別のWin10、PCにvisualなんちゃらを入れてセットアップ。何とか講習の復習用に使える状態までもっていった感じ。昼はカミサンと買い物。夕刻は何をしていたのだろう?
…と、そんなこんなでメインPCに触れるのは一日ぶり。今日もぼちぼちです。

時は静かに流れるものか?
それとも轟音をたてて蠢くものか?
師走の気忙しさに思う。

大切な人を亡くした経験ってのは、アバウト半世紀も生きてりゃ、それなりにあるもの。喪失感もある(←現在進行形)けれど、じゃあ今、今、大切な者達が居ない訳でもない。
昨日は昨日にくれてしまって、明日は明日。昨日の友も、またいつか逢う人もあろうさ。扉は万人平等、いつでも在るのだから。

明日のことを、人は分からないし、分かり得ない。
でもね、神様だって、案外、分からないものなのよ。

裏切りと、すれ違い。
時が経てば、どちらも似たようなものになる…のかも知れない。

外は乾燥していると言うのに、家の中では除湿器がブンブン唸りを上げているってのは、どうにも変だ。

年の瀬になり、来年まで会わない人に向かって「良いお年を!」と言うものだが、今年だって”良い年”なんじゃなかろうか?と天邪鬼は思う。
とりあえず、でかい事故は無かったし、まぁ家族無事に過ごせたのには間違いない。多くを望まなければ日々安穏。良い年とも言えるよなぁ。

ここ一ヶ月の講習を復習している。
たった一ヶ月なのに、忘れている事が多くて愕然。

此方が期待しているからと言って、あちらが期待しているとは限らないだろう?


~~12月30日の呟きより

コメント

非公開コメント

トラックバック