双通の疎通

今更ながら、ホームページのデザインは入れ子構造か並列かと話しを進めたら、そもそもスタートが判っていない者に話し掛けていた自分が居た。
相手が知っている前提で話しをしてはいけないと、改めて思った日。

自分が知らない振りをして、相手の話しを聴くのはよくやる事だが、余りに知らない振りをし続けると、相手の出方が稚拙な内容になってくるのは気の所為か?

判り易い表現と、人を馬鹿にした表現とは、そもそもが違うのだよ。
数学者の言う1+1=2と、園児の言う1+1=2は同じに見えるが、内容がうんと異なる…可能性も有り得るのだ。
容易な表現イコール容易な内容とは限らない。


~~3月30日の呟きより

コメント

非公開コメント

トラックバック