友へ

赦す必要は何処にも無いけれど、ね。
キミがいつの日か、『呪い』を手放す日が来ると信じたい。

コメント

非公開コメント

トラックバック