優しさ

強くなる必要は無いさ。
優しく(≠易しく)あれば、其れで十分♪

表面に滲み出る優しさって、さ。
其の内側に一本芯の通ったモノがあるでしょ?

芯が無いのは易しさね。

“人”が“憂”いを伴って始めて“優”しさと為る。
弱さや辛さを芯の内に隠して、表面は優しさで振舞う。

僕はこんなイメージなんですが…(汗)。

コメント

非公開コメント

トラックバック