皮算用

国から出るような大きなプロジェクトで「如何わしくない物」は、ほぼ大企業が落札し一次請となっても、あらかた管理しかせず二次請に丸投げ。
で、二次請はその大企業の子会社ってことが多く、三次請が現場の指揮を取って、四次と五次が実働にあたることが多い気がするのよね。

でもって。
それぞれが「管理費」として、ざっくり3割ハネタら?
五輪を一年伸ばす費用は、3000億円…でいいのだっけ?
仮に3000億として。
五次請に渡る金額は、720億ちょい。その五次請の労働者が社保や税金等を引かれ、実際に手に出来るお金は、ざっくり300億円くらい。
1/10か。。。凄いわ。

でも、まあ…。
国家プロジェクトともなると、六次、七次も、見かける訳で。
貧富の差って、凄いな、と。
資本主義経済ってやつぁ…。


~~5月29日の呟きより

コメント

非公開コメント