FC2ブログ

#10秒で書く詩「八月の鯨」

最初の肌が
とても温かったのは
きっと君が若かったからさ

いつからだろう
君は遠くを見
僕は近くを見

いつもだったね
君は歌を奏で
僕は耳を欹て

最後の接吻が
とても官能的なのは
きっと君が永遠だからさ


~~2018年9月20日の呟きより
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

思考錯誤屋

Author:思考錯誤屋
日々の事柄を適宜更新中。

【掲載内容に関する注意書き】
掲載内容は、正真正銘の事実に基づいたフィクションです。
登場する団体及び個人名もフィクションであり、たとえ実在するものと似ていたとしても無関係です。
アンチ体制側。群れは好まず。猛毒に付き取扱要注意。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR