FC2ブログ

11月22日の呟き

福島県沖に、津波警報が出ている!

単身引っ越し終わった。
見積もり予想よりも荷物の量が少なかったらしく、3,000円安くなった。ありがたい。
しっかし、10時過ぎにきて30分程度で全てが終わるってのは、矢張りプロなんだねぇ。ひとしきり感心。
荷物がなくなって、部屋の中が少しスッキリしている。
これで私がいなくなれば、もっと感じが変わるのだろうか?
すぐにでも、いつものような日常と化し始める気がするな。

午後は仕上がったメガネを取りに行かねば。
ついでに、元の職場に作業着を返して来よう。

来週は一人生活。
久しぶりの一人。
何を感じ、何を思うか?

さて、出かけるか!
ぼちぼちっとね。

荷物のなくなった部屋が何処か寂しい気がするのは、家の本質が「ただの箱でしかない」からなのだろう。

夕食の時間ですねー、

昨夜起きたノートPCの反抗は確信犯だったのか?
今朝からノーマルになっている。

子どもがドラクエVに嵌っている。
「ヒントがない」と叫んでいるが、まだ攻略法には頼らないようだ。よしよしw

カミサンの横に並んでPCをしている。
さすがに二人して互いにチャットはしていないが、傍にいるのに互いに会話する相手が青白いネットの向こう側というのは、何処となくシュールだ。

間違ってフォローした人を、そっと外すにはニ、三日してからの方が良いのか、即座にした方が良いのか、思案中。

言葉が降ってこない。
言葉が昇ってこない。

引っ越しパックにチャリは載せられなかったから、向こうでの足を確保しなくては…。

出費が重なるなぁ…。←遠い目。

人はパンのみにて生きるにあらずというけれど、あれはパン食に対する挑戦だろうか?←いや、そ~ではないのだが。初めはそう認識した。

寝言でかつての彼女の名前を呼ばないように、しばらくの間、付き合う女性達の名前は同じだったのは、ここだけの話。

ノートパソコンは日本語キーボードなのだが、普段英語キーボードに慣れているせいか、どうしてもタイプミスしてしまうな。

静かな状態を「シーン」と表現したのは、誰だったっけ?
あれは耳鳴りじゃないか?と思うのだよね。

禿って、いつ頃から忍び寄るものなの?
いつから進行するものなの?
ってか、さささっと進行してほしいと思うのは、私だけなのだろうか?

明日は、ひと月早くクリスマスのお祝い予定。
実際のプレゼントは流石に送らないが、送れない理由がもう一つある。
下の子どもの願いは「魔女」なのだ。
空飛ぶ箒、何処で入手できるか?誰かご存じありませんか~?←マジ

世に、一人一人を守護する、そうだな天使が居るとしよう。
それでも、不幸のどん底を感じてしまうような出来事が起きるのは、守護者の怠慢なの?それとも不幸の黙認なの?
…ってことで私は、守護する者ってのは居ないことにしている。

気分が絶賛鬱中だった頃、体の不調はあちこちで起きていたけれど、今は耳鳴りと突然の眠気くらいに治まっている。だいぶ改善されたのだろうか?
それとも一時的なものなのだろうか?

初めましての裏側。

今朝の地震で3.11を思い出した人は多いだろう。
あの地震の一週間前にもそれなりに大きな地震があったのだよね。さらにひと月位前にはニュージーランドで地震。
地球のリズムが連鎖が繰り返すとしたら、この先一、二週間位にまたでかいのが来るのだろうか?

幸福に目を向けるのが割と簡単なように、不幸から目を逸らすのも割と簡単。
本質を見逃してしまうのって、案外、同じ思考が働いているからじゃない?

時は静かに流れているものだけど、たまに音を立てて流れているのを聞くのは、自分の感覚が研ぎ澄まされているからなのか?それとも鈍感だから、普段からなっているであろう音を聞き逃しているのか?

出社が近づいている。
気後れしている自分が顔をもたげてきた。
入ってしまえば、なんてことはないのだろう?
けれど、そこまで、が、長いのだ。うぅ…。

人は、神を試している。

パソコンから離れましょうかね。


~~11月22日の呟きより
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

思考錯誤屋

Author:思考錯誤屋
日々の事柄を適宜更新中。

【掲載内容に関する注意書き】
掲載内容は、正真正銘の事実に基づいたフィクションです。
登場する団体及び個人名もフィクションであり、たとえ実在するものと似ていたとしても無関係です。
アンチ体制側。群れは好まず。猛毒に付き取扱要注意。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR