FC2ブログ

11月29日の呟き

昨日を好いて、今日を愛でて、明日は逃して。か…。

二人。夜明けの珈琲を飲み損ねた。
この先も、飲む事は無いだろう。
半世紀生きても、そんなもんさ。

半世紀だよ半世紀。。。正確には近く、だが、そんな事はどうでもいい。
四半世紀過ぎた頃には、漠然とした近未来だったのだけどなぁ。
次の四半世紀じゃ、きっと土の中さ(笑)。

不意に四半世紀前の恋心を思い出したところで、明日もカミサンを愛しく思う事に変わりはないと思うよ。

自らの失敗談をネタに笑い飛ばせているうちは、きっと幸せってやつなのさ。

ん?
いつの間にか、今日が、今日に代わってら。
オヤスミ。二十四時間。

昨夜も頭痛に悩まされ、今朝も頭痛に起こされる。
時限式の鈍痛を抱えた頭は、今日に何を思う?

おはようございます。今朝も冷え込みましたね。
大気が、冬を主張しています。半年前の夏など無かったかの様に。時の経過の様に、心の時間も進むのでしょうか?
そんな事を思いながら、今日も一日、ぼちぼちです。

心の沙漠(≠砂漠)にだって、極たまにスコールは降る。


~~11月29日の呟きより
スポンサーサイト



#10秒で書く詩「螺旋階段」

何度目かの景色。
何度目かの時間。
似たような場所と、
似たような時。

上っているのか、
下っているのか?
ただ、ただ、
歩き続ける。

いつか止まる日が来たら、
そこは終着点か?
はたまた途中下車か?

いっそ階段を踏み外せば、
旅も終わるさ。


~~2015年5月3日の呟きより

心って、奪えるもの?

月の光は陽の光の反射だと言うのに、どうしてこうも人の心をざわつかせるのかね?
鏡が影の姿を暴く様に、反射するものゆえ、なのだろうか?

「いずれ」が消えた明日に、昨日を重ねる。

「前向き」で「明るく」「励ます」メッセージを発信する人の、心の闇、垣間みた事があるかい?

アナタノ ヒトミ ハ ナニヲ ウツシテ キマシタカ?

声の記憶がある。けれど、言葉を思い出せない。
大切な何かを受け取り損ねた。その重さが、澱となる。


~~11月28日の呟きより

11月28日の呟き

今朝も偏頭痛に起こされた。
しつこい痛みに辟易。

昨日、医者に緊張型頭痛と言われたが、今の僕は何に緊張しているのか?
息をする事か?目を開けている事か?此処に居る事か?彼方に行かない事か?自責の念か?無為に生きている事か?
それとも、言刃を振りかざす事か?
痛みは、痛みしか、伝えない。

はたと。
肩凝りの原因の一つに、静岡走り(←車の運転ね)をし始めているからじゃないかと、気付いた。
車間をとるとすぐ割り込んでくる車が多いから、それを避ける為に必ずブレーキを踏まなくてはならない。車間をとらずに走るのにもやはりブレーキは必要だ。この緊張が肩凝りの原因ではないのか?

いつの日か、人の生死そのものを、コンビニで買う時代になるのか知らん?

今朝は4℃まで冷えました。
これより暖かい地方もあるでしょう。それより寒い地方もあるでしょう。
前日比-5℃は堪えるのです!今もしんしんと窓から寒気がやって来ます!!
けれど、こんな冬の寒さが好きです。矛盾してますね。

ここ数日、頭痛の呟きばかりだが、痛いのは痛い。
つい先日までの偏頭痛は永くても半日だったのに、今回はまだ終わらない。
この痛みも耳鳴りの様に、いずれ慣れてしまうのだろうか?
心の痛みが、いつしか慣れてしまった様に…。

骨を通して聴く声に、思わず、ゾクゾクしないか?

昨日は事実で、今日は現実で、明日は幻想さ。


~~11月28日の呟きより

#10秒で書く詩「おもしろき こともなきよを おもしろく」

粋な地団駄 あれは五反田
はてさて いつぞの何某か

生きて極楽 死んだら地獄
さては いつぞやの伝聞か

生くるも死ぬるも 逢坂関
信ずる者と 信じない者と

行きは宵々 帰りは酔いて
明日は彼方で 今宵の浦々


~~2015年5月2日の呟きより

型凝り

頭痛が治まらず、二日目に突入。只今、病院である。待合は永い。

脳外の病院へ行って来たのが午前中。結局は緊張型の頭痛らしく、肩の凝りから来ているそうだ。と言う事で痛み止めのロキソニンを処方された。
家に帰ってから、サロンパスの出動を願ったのは言うまでもなく。。。
午後になり、頭痛は幾分かマシになった。と思ったら、もう夕方なのだねぇ。早い。。。

やっと頭痛が治まった。痛くないって良いものだねぇ。
病気の時は病気じゃない時を心から願うのに、病気じゃない時はその事を忘れてしまう。
人の記憶ってそんなもの。
きっとシアワセな状態も、フシアワセにならないと思い出せないのだろうね。

偏頭痛復活。今回のは結構しぶとい。
流石にロキソニンだけじゃ対処療法でしかないから、効果が切れるとぶり返すね。肩凝りも酷いものなぁ…アハハ

頭の痛みが、生を思い知らせる。


~~11月27日の呟きより

11月27日の呟き

昨夜は満月だったのだね。今頃は何処の国の上だろう?

昨日ハローワークで「三十代女性希望」と言う職種に、無理矢理「四十代おっさん」の応募を捩じ込まさせて来た。
経営する側からすると、そりゃ希望する年齢や性別ってあるけれど、本当に欲しいのは才能だろ?
少なくとも僕が経営していた時はそうしていた。当然、年齢性別を区切った事は無い。

「必死」という言葉。改めて見ると変だよね。必ず死ぬって、どうなんだろう?

世界が優しかったら、僕らは此処に居ないんじゃないの?

大切なコトって、然程多くない。
大切じゃないコトって、案外多くない。
まぁ、そんなところだ。

時々。
楽器は奏でてくれる人を、吸い寄せているような気がするのさ。
下手な人の扱いはそれなりに、そうで無い人もそれなりに。
選ばれた人だけが、荘厳な曲を奏でられる。そんな気がするのさ。

さて、溜めてある録画を観ますかね。

しぶといと言えば、この寒い時期になっても蚊が飛んでいるのだよ。静岡は。嫌だねぇ。ちゃっかり刺して行きやがって。
殺虫剤ぶち撒いたのに、まだ飛んでる。殺虫剤の効果なんて、気休めかも知れない。


~~11月27日の呟きより

#10秒で書く詩「Aris」

骨拾う者よ

想定する
感情なんざ
いま一度
ぶち壊せ!

残りし焔に
黎白の光
水の環


~~2015年4月28日の呟きより

#10秒で書く詩「当社比」

生き続けるのは
然程、重要な事でなく

訪れる死っての
然程、崇高な事でなく

淡々とした日常
偶然の産物

奇蹟はいつも
知らぬ間さ

絶対零度の世界
時さえ凍りついた


~~2015年4月25日の呟きより

プロフィール

思考錯誤屋

Author:思考錯誤屋
日々の事柄を適宜更新中。

【掲載内容に関する注意書き】
掲載内容は、正真正銘の事実に基づいたフィクションです。
登場する団体及び個人名もフィクションであり、たとえ実在するものと似ていたとしても無関係です。
アンチ体制側。群れは好まず。猛毒に付き取扱要注意。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR