FC2ブログ

型の形

「自分」と言ふ、取るに足らない枠に囚われ過ぎ、ステレオタイプの見方をしていたのは、いつの頃までだったか?

案外、今も続けているのやも知れず。
此れからも、なのかも知れないが…。

はて? さて?? どど~ん♪(苦笑)
スポンサーサイト



宇宙

有は無から生じる。

自己の事故

楽園を去った意味と、戻らぬ理由。
そんなモノは、どーでもイイコト。

自らの存在理由と、己の存在意義。
履き違えたのは、どちらの自分か?

不均衡

若き日、平等と安寧を希求したけれど、今は「何処にも存在し得ない」と、ふと思ふ。

風見鶏

動機を置き忘れた目的に、翻弄中。

しんがり

描いたシナリオ通りの明日なんて来ないけれど、予想もつかないハプニングだって、乙な物。

 時に、素敵。
 時に、残酷。
 時に、真実。
 時に、虚飾。

何処から来て、何処へ向うか。
進むも、退くも、自分次第。

体重

今年2011年の初めは、80kg台前半の筈(汗)。
昨年末、体重計で79kgを見てから量るのを止めたけど、明らかに其の後も太っていた(笑)。

落ち始めたのは、3月11日の震災以降。

8月の始め70kgを切り、小躍り。
年末の12月28日、61.7kgまで落ちていた。

コドモ心

80年代以降、耳にする「癒し」とか、90年代以降の「プラス思考」。
見聞きする度、何処か疎ましく思ふのは、「物事の本質を隠蔽する行為」に対する反感なのだろうと、ふと思ふ。

主脳の変わり身

そっか!
鬱症状による思考の断絶は、左脳側の大脳新皮質なのか。

感情の乱高下は元々の素質、右脳の姿。
其れを宥めすかして抑えてたのが、思考担当の左。
脳内の統制がとれてないコトは、なる程判る。

自分のコトなのに、外から治せないのは、もどかしいが…。

プロフィール

思考錯誤屋

Author:思考錯誤屋
日々の事柄を適宜更新中。

【掲載内容に関する注意書き】
掲載内容は、正真正銘の事実に基づいたフィクションです。
登場する団体及び個人名もフィクションであり、たとえ実在するものと似ていたとしても無関係です。
アンチ体制側。群れは好まず。猛毒に付き取扱要注意。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR