FC2ブログ

わっさびぃぃぃ

夢を追うほど、若くなく。
上を狙うほど、魅力を感じず。
情熱に溺れるほどの、感動はなく。
縋るほどの思い出は、置き忘れたまま。
それで、ぼちぼち。
だから、ほどほど。

枯れてる訳じゃない。
涸れた訳でもない。
持ち合わせてないの。
最初から。
ただ、それだけ。

あれができた。
これはできた。
それもやってた。
失ったのですか?
棄てて来た、のではなく?
ホントに?

あれがしたい。
これをしたい。
それも手に入れたい。
その、あとは?

鬱を罹患し。
「できる」から「できた」に変わり。
「やれる」から「やれた」に変わり。
「為しても為せない」ことを知った。
でもさ。
絡みついた心の贅肉を、削ぎ落したのだと。
沁みついた欲の皮を、剥ぎ取ったのだと。
今は。
そう思える。

強い!から救える。訳じゃなく。
弱い!から優しい。こともなく。
触れるから分かる。程でもなく。
やれば出来る。なんて嘘っぱち。
解らないものは、解らないし。
出来ないものは、出来ないし
なんで?強がるの?
なぜ?弱いと思うの?
誰が決めるの?
誰が決めたの?
あるがままじゃダメなの?

受け入れる?
そんなに、大きくないよ。人の器は。
斬り捨てる?
簡単に、割り切れないよ。人の心は。
だから、うだうだ。
いうも、もじゃもじゃ。


~~11月4日の呟きより
スポンサーサイト



ふつふつと

鬱に負ける、とか。
鬱に勝つ、とか言うけれど。
なんていうのかな…?
勝負事じゃない。そんな気がしますの。

身体の病は、ね。
病気との、直接の闘いだから、勝負事かも知れない。
けれど、
心の病は、ね。
自分を見つめ直す機会でもあるから。。。

理想との乖離。
認識とのギャップ。
事実のプレッシャー。
想像の欠如。
現実からの、逃避。
それらが重なって、積み重なって、心が、爆ぜた。
私の鬱。
脳の引き金。

良かった頃の思い出が、重荷になる。
悪かった頃の記録が、足を引く。

こう言っちゃ、なんだけど。
やんごとなきお方が精神的な病に倒れられた事実と、一般人のそれと。
周囲の扱い方って、物凄ーーーく!違うわよね?


~~6月14日の呟きより

鬱々と

やる気って、何だろう?
とりあえず、日常をことごとく放棄したい。
そう、これは(私の)鬱。
他の人の鬱がどういうものか、それは知らない。知ったところで、解決策が同じとは限らない。
服薬は、症状を緩和するだけ。
さて、さて、困った。

思考し続けて鬱を紛らわしている時は、かなりマシ。
今は考えるのさえ、面倒。

まだ、ツイしているだけ、マシなのかも知れないな。


~~6月4日の呟きより

なんかさぁ。

年寄りを見ると、そこに(生きているかも知れない)自分の姿を重ねてしまう訳よ。
老いなんて、漠然としか捉えてなかった若かりし日。
どんなモノにも、終わりはある。
そんな当たり前のことなのに、頭で分かってても、心は拒否している。
なんでかね?

心が肉体相応に老いるものなら、世の暴走ロージンは減るのか知らん?
老けたな。←自分

歳を重ねて分かったのは、程よく身体能力が落ちるってことはないのね。
ある日、一気にガタが来る。
油が切れたかのように、ぎこちなく。ネジが外れたかのように、ピントは合わず。
次は、どの機能が??

老いが漠然としていた頃は、ピンピンコロリが理想とは?!と思ったものだけど…。
理想だわ( ̄∀ ̄)

余りある力を、バカさだけ!に使っていた若かりし日。
あの力をもう一度!とは思わないが、実に勿体ないことをしていたものだ、とは思うね。

VMAXをもう一度所有して乗り回したいが、その時、体力はあるだろうか?

歳を重ねると、身体が言うことを聞かなくなるように、心も脳の言うことを聞かなくなろのだろう。
その脳とて、歳と共に機能不全に陥る。
何が正常のままで、何が使えなくなるのか?
意識が朦朧としても動く身体と、動かない身体に閉じ込められる意識と。
二択では、ない。
しかし…。

この先身体機能が落ちても、心だけはしなやかでありたい。

鬱を克服しきる前に、老化現象に急き立てられる。そんな感じさ。

「不惑の年」を超え、「不惑」となった者が身近に居ないのだが、世間には居るのかも知れないね。

そこの!半世紀を生きた方!!
「五十にして天命を知る」そうだけど、天命、知りましたかー???

身体能力の限界。
思考能力の限界。
これは、やりゃ判る。誰でも。

思想能力の限界。
こっちは遠い彼方かと思っていたが、案外、身近にありそう。
そんな気がする。

親を嫌う子どもの心情って、それなりに分かる気がするのよ。
私も親を嫌っているから。
子に嫌われる親の心情は未だ経験していない、…と思いたい。
でもなぁ、そろそろ思春期。反抗心も目覚めよう。
それで正常。それが正常。
子に嫌われてからが、親としての試練なのかもな。


~~5月18日の呟きより

態みんぐ

勝つとか負けるとか。
ど~でもいいのに!
いいのに!
自分自身の過去に負けるのは、なんか嫌だ。

今、何らかの力、、、そう権力でも、財力でも、なんでもいい、、、があったら、全て私欲の為に使ってしまう。
そんな気がする。
で、私欲に溺れて、何がしたいのか?
それを見極めたい。


~~5月13日の呟きより

プロフィール

思考錯誤屋

Author:思考錯誤屋
日々の事柄を適宜更新中。

【掲載内容に関する注意書き】
掲載内容は、正真正銘の事実に基づいたフィクションです。
登場する団体及び個人名もフィクションであり、たとえ実在するものと似ていたとしても無関係です。
アンチ体制側。群れは好まず。猛毒に付き取扱要注意。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR